雑学 変わった島二選 | 富士山より高い所に島?

island

世界に島はいくつある?

 

地球上には島がいくつあるかご存知でしょうか。

実は日本だけでも6,852も島があるのです!

 

となると、全世界ではいくつでしょうか…5万?10万?

 

正解は、実は確認されていません。

膨大な数であるということと、国によっては数え方が違ったりずさんだったりするためです。

 

ですが全部数えたとすると、一億以上はあると言われています。

世界の広さをうかがい知ることのできる驚きの数値ですね。

 

これだけの数があると、ちょっと変わった島もあります。

 

今回は世界にある変わった島2つをご紹介します。

 



富士山より高いところに島がある?!

 

富士山より高い標高3890mに、島がある。嘘のような本当の話です。

 

ん?富士山より高い位置に海が?あるわけないじゃん! とお思いでしょう。

 

その通りです。種明かしをすると、その島は海ではなく、湖に浮かんでいるのです!

 

南米ペルーとボリビアにまたがるアンデス山脈の中央部にあるチチカカ湖。

面積は8,562 km²あり、琵琶湖の12倍もの面積があります。

この中に41個の島が浮かんでいるのです。

 

存在する場所もヘンテコですが、島自体もだいぶクセがあります。

 

この中には「トトラ」と呼ばれる葦、つまり植物でできた島が存在するのです。

水に浮かぶ葦をたくさん浮かべて折り重ね、その上に人が住んでいるのです。

 

なぜここまでして湖の上に住むのか?というと、「固定資産税がかからないから」なんだそうです。

固定されてませんもんね。浮いてますから。

お役人もこりゃあ一本取られたな、なんつって引き下がるわけです。

 

トトラはとても丈夫で、家や船を編んで作ることもできます。

トトラでできた島「ウロス島」

島の中にはトトラでできた宿屋や、電話ボックスまであるのだとか。

実際に歩いてみると、普通の地面と変わらない、不思議。

 

丈夫そうに感じますが、片方に寄ったりしてバランスが悪くなるとさすがに沈んでしまうそう。

また、水分で弱くなってしまうため新しい葦を上に重ねて補強を絶えず行う必要があります。

 

そうして重ねていくといつかは湖の底に葦が付いてしまいますよね。

底に到達したらどうするのか?

 

その時は、また違う島を作って「お引越し」するのだそうですよ。

 

世界最大の無人島、デヴォン島

デヴォン島-Wikipediaより転載

 

世界で一番大きい無人島は、カナダに属するデヴォン島という島です。

面積は約55,000㎢もあるのになぜ無人島なのかというと、理由はその厳しい気候にあります。

 

標高が高く緯度も高いこの島はとても乾燥しており、雨も雪も降りません。

そのうえ寒く、夏は10℃ほどにしかならず、冬は-50℃という、もう間違いなく極限地帯。

植物が育たず岩肌がむき出しの風景はさながら火星のようです。

実際に火星の研究もここでされているとか、NASAの火星の写真はここで撮影されたとか、ムー的な話にも事欠きません。

3900万年前に隕石が落ちて、クレーターがそのまま残っているのでそれはもうNASAでなくても火星とよびたくなりますね。

中国が火星をモチーフにした「火星村」なる娯楽施設を作ると息まいているそうですが、カナダが本気を出せばすぐに実現できるのでは。すっごく寒いけど。

 

にほんブログ村 その他生活ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 遊び心へ
にほんブログ村

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA