「ヤバい」「きもい」って江戸時代から使われていたの!?語源が知りたい!

「ヤバい」「きもい」の語源

スポンサーリンク



 

「ヤバい」という言葉は江戸時代から存在

江戸時代も意味はほぼ同じ

「ヤバい」という言葉は江戸時代から伝わる由緒正しい日本語なのです。

 

ただし江戸の町では「危ない・不都合なこと」を「やば」と言っていました。

 

今では上の意味に加えて

 

「怪しい」「かっこ悪い」「凄い」「のめりこみそうなくらい魅力的」

 

など広い意味で使われていますね。

 

こんなにたくさんの意味を全部「ヤバい」に集約しているんです。

 

今の若者って意外とかしこい使い方をしているんですね!

 

語源がブラック…

語源は諸説あります。

 

代表的な説はこちら。

 

江戸時代の射的場は「矢場(やば)」と呼ばれていました。

 

矢場では、表向きには射的場としていても隠れて売春あっせんをしている店もあり、

 

ただ遊びに来ていても、役人がガサ入れに来てしまえば自分もしょっ引かれてしまうことを「ヤバい」としていました。

 

そこから転して危ないことを指すようになったのですね。

 

隠語として使われていた名残で、今でもニュースや書籍では使われない表現となっています。

 

「きもい」は少し違う意味で使われていた

 

「きもい」も、江戸時代から伝わる言葉です。

 

ということは、江戸の町をゆく武士たちも

 

「昨日、酒場のおスズちゃんに言い寄ったら『きもい』と張り飛ばされたでござるよ」

「うぬのその『きもい』つらがまえじゃあしょうがあるめいよ」

 

こんな会話をしていたのでしょうか。

 

答えは残念ながらNOでした。

 

「きもい」は「狭くて窮屈」

 

意味はいまと大きく違っており

 

「狭くて窮屈」という意味で使われていました。

 

こちらは当時の雑俳(ぞうはい・ざっぱい。通俗文芸の総称)に記録があり

 

「きもい畳の窪みふむ」

 

との句が残っています。

 

畳と畳の間に隙間ができていたのでしょうか。

 

前後の流れはわかりませんが、このような心地の悪い時に「きもい」と表現するのだそうです。

 

時代の移り変わりとともに「窮屈・狭い」から

 

「気持ち悪くて受け付けない」と、ガラッと意味が様変わりするのは興味深いですね。

 

個人的に、現代の「きもい」は、

 

単純に「気持ち悪い」が「きもい」に短縮されただけのような気もしますが。

 

スポンサーリンク



にほんブログ村 その他生活ブログ 雑学・豆知識へ
にほんブログ村

 

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA