変わった地名

 

スポンサーリンク



岩手県新里村 腹帯 はらたい

天正(1573~1592)の頃に腹帯という武将がいたようで、そこから腹帯村ができたのが始まり。

 

地名では腹帯と言うが、妊婦さんが安産祈願に巻くのは「はらおび」。(もしくは「ふくたい」)

 

腹帯さんという苗字も存在する。(はらおび or はらたいさんと読む)

 

新潟県山北町 碁石 ごいし

 

「碁石海水浴場」があり、ここの海岸の小石は、まさに囲碁の石のようにすべすべしている。

碁石海岸の石ー被災地から 陽光受けて輝く“碁石” 岩手県大船渡市「碁石海岸」

これが由来と言われている。

 

 

千葉県館山市 見物 けんぶつ

明治22年以前に現在の西岬になる前に見物村があった記録あり。

それ以前の記録は調査できなかった。

 

栃木県南那須町 大金 おおがね

 

大金駅があり、入場券は縁起切符として有名になったことも。

宝くじファンの聖地らしい。

 

昔、金が採れたことが地名の由来と言われている。

 

長野県小諸市 乙女 おとめ

 

「大遠見」(おおとおみ)が訛って出来た地名。

 

見晴らしが良く監視しやすい地所に付けられるため、各地に乙女は点在しているのだとか。

 

滋賀県長浜市 相撲 すまい

 

昔、朝廷で行われていた相撲の儀式の費用をまかなう田地だった事が由来。

 

スポーツの相撲も、昔は「すまい」と読んでいたのだとか!

 

スポンサーリンク



 

京都府城陽市 中大小 ちゅうだいしょう

寺田という町の小字が中大小なのですが、これについては由来は調査できず。

 

寺田という地名は昔、正面寺という寺があったことに由来する。

 

兵庫県龍野市 福の神 ふくのかみ

福の神『えびす様』の総本社として全国から崇敬を集めている西宮神社が兵庫県西宮市にあるが、その恩恵を受けたかったのだろうか…

 

残念ながら由来はわからず。

広島県三次市 押入 おしいれ

 

押入も珍しいが、三次市も「みよし」市と読むのはけっこう難読。

 

江戸時代からある地名だが由来は不明。

 

大分県日田市 夜明 よあけ

 

焼き畑を行っていた地域で、夜焼(よやき)がなまったもの。

 

スポンサーリンク